カルシウムを飲んでも「骨密度は上がらない」という真実

Pocket

みなさん
こんばんは♪

 

 

読者様から
ご質問をいただきましたので
今日はそれにお答えしますね!

 

 

 

いただいたご質問は
こちらです↓

 

 

奥田真紀 さま、

いつもとってもためになるメルマガ読ませていただきありがとうございます。
お母様の骨折、お気の毒です、たいへんですね。
お大事になさってくださいね。
私の母もじっとしていない人です。
世代なんでしょうか?
母は骨粗鬆症で骨がすかすか、圧迫骨折もしています…
そんな母にもレメディーありますでしょうか?

楽しく親孝行なさってくださいませ

 

 

骨粗鬆症のレメディーは
先日、メルマガに書いた
骨折のレメディーと
基本的に同じです。

 

 

骨をつくる材料となるミネラルを
食べ物の中から効率よく
吸収していくために
貢献できるレメディー

 

 

Calc-f.カルクフロアー
Calc-p.カルクフォス
Sil.シリカ

 

毎日とっていくこと

 

 

これは、
お年寄りだけじゃなくて

 

 

妊婦さん
赤ちゃん
授乳期のママさん
中学生くらいまでの成長期のお子さん
など

 

 

骨の発達が著しいとか
反対に、骨が弱ってきている
というような時に
とると良いです。

 

 

サプリメント代わりのような感じで
とっていただきたいので

 

 

ポーテンシーは低めで
3X~12Xの間
販売しているものの中から
選んでくださいね。

 

 

 

じつは、このご質問をくださったのは
イタリアに住んでいらっしゃる方なんです。

 

 

国によって
販売されているレメディーの
形状やポーテンシーも違うので
入手できるもので
やってくださいね。

 

 

だけれども
この方のお母様は
日本にお住まいなので

 

 

日本のホメオパシージャパンでは
上記の3つをコンビネーションにして
TS-21
という名前で販売されています。

 

 

他の海外メーカーさんでも
いろんな名前で
骨のサポートとして
販売されていると思いますが

そういうものを使われると簡単です。

 

 

 

さらに

 

 

Symph.シンファイタム
という骨芽細胞を
つくっていくのに貢献できる
レメディーも
一緒にとられると、なお良いです。

 

 

このお母様は
実際に骨折もされているので
とくにいいですね。

 

 

これは、
本当に優秀なレメディーです。

 

 

歯槽膿漏なんかにも
結構いいんですよ。

 

 

これも毎日
とってくださいね。

 

 

おすすめのポーテンシーは
6Cです。

 

 

骨は、体を形作っている
土台のパーツです。

 

 

骨がなくなったら
人間は形状を保っていられないから
死にます。

 

 

だから、とっても大事!

 

 

人生の中で
骨の形成が必要な時
弱っていく時には
これらのレメディーで
ケアしていきましょうね(^^)