妊婦さんの貧血は、本当なのか?

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

 

台風がまた来てるみたいですね。
今回は被害ないといいんですが。

 

 

 

昨日は
これは本格的に
風邪っぽくなってきたぞ!
っていう時のレメディー
お伝えしましたよね。

 

 

なんだったか
覚えていますか?

 

 

 

 

Ferr-p.ファーランフォス

リン化鉄のレメディーでしたよね。

 

 

 

 

これは、じつは
熱中症の電子書籍の中で
紹介していた
ティシューソルトの
レメディーでもあるんです。

 

 

日本だと
バイタルソルト
という商品名で売ってるんですが

 

 

その中には
このFerr-p.も入ってるんですね。

 

 

 

ということは
Ferr-p.という物質は
人間の体の中にある物質なんです。

 

 

よく貧血は
鉄不足が原因だって
聞いたりしませんか?

 

 

Ferr-p.の原物質は、
鉄とリンがくっついたものなんです。

 

 

だから
貧血ギミの方にも
おすすめですよ。

 

 

女性の貧血の場合は
銅も必要なことが多いので

 

 

銅からつくったレメディーも
一緒にとられるといいですが

 

 

体にある形を考えると
銅そのものからつくったものよりも

 

 

Cupr-ars.キュープラムアーセニカム
というレメディーを
おすすめします。

 

 

 

貧血が長い方の場合は
こういうレメディーを
毎日続けて根気にとられるのを
おすすめします。

 

 

毎日だと
ちょっと面倒ですけどね。

 

 

 

 

貧血のお悩みというのは
よく妊婦さんから受けるんですが

 

45434b7485608cf01ac1c085d49c8305_s.jpg

妊婦さんの場合は
貧血を改善しないといけない期限があるので

 

 

あの手この手で
ヘモグロビンの数値を上げるように
がんばっていきます。

 

 

じゃないと
自宅出産などができなくて
病院での出産になってしまうから
なんですね。

 

 

それで、駆け込み寺のように
うちに来られる方が
いらっしゃるんですが

 

 

その第一手が
これです。

 

 

これでもダメな場合は
次の手
それでもダメなら
次の手って感じで

 

 

次の検査までの間に
がんばられる方が多いです。

 

 

 

 

妊婦さんは、元々
ヘモグロビンの数値が
下がらないといけないんですが

 

 

それをご存知ない先生にかかっていると
そのようなことになります。

 

 

 

だけれども
ホメオパシーでやっていくと
大抵の場合
上がっていくんですよ。

 

 

 

レメディー
素晴らしい☆

 

 

 

 

なので、
もし貧血の方がいらっしゃったら
上記の方法で、やってみてくださいね!

 

 

 

 

非常に慢性的に
貧血だという方が
もしいらっしゃったら

 

 

来月の個別相談で
ご相談をお受けしますね。

 

 

募集は、もう少しお待ちくださいね。

 

 

 

 

本当は、風邪の続きを
書こうと思ってたんですが

貧血の話題に
なぜか行ってしまいました。

 

 

長くこのメルマガを
読んでくださっている方は
また、いつものことだわ~
って思ってくださっているかもしれませんね(^^)

 

 

そうなんです。

 

 

じつは、そろそろ
気づいている方も
いらっしゃるかもしれませんが

 

 

このメルマガは
私が書いていないんです。

 

 

 

どういうことなの?
って思いましたか?

 

 

それについては
また機会がありましたら
書かせていただきますね。

 

 

 

一通にいろんなことを
あれこれ一気に書くのは
よくないと指導されていますので

 

 

今日は、貧血だけで
ご勘弁を~~~(^^;)

 

 

明日また書きますね♪