ホメオパスになりたい!!!

Pocket

私が住んでいる下呂から1時間程、北へ車で行くと
飛騨高山という有名な観光地があります。

そこには、ナチュラル志向の方が多く住まわれていて
初めから地元の方だけではなく
関東や関西、様々なところから移り住んでいらっしゃる方が多いんです。

12年ほど前、私がホメオパシーセンターを開設した頃
9割方、クライアントさんや受講生さんは
この高山市の方々でした。

ホメオパシー健康相談でお越しくださる時は
下呂まで、車で1~2時間かけて来てくださるんです。

そんな高山にお住まいの小島純江さんが
ホーム・ホメオパシー個別相談を受けてくださったので
ご紹介したいと思います。

小島さんは、10年程前に、一度
ホメオパシー健康相談にお越しくださったことがあります。

そして、その時に
「ホメオパス(ホメオパシー専門家)になりたいので
学校へ行くことを考えています」
とおっしゃいました。

だけれども

お子さんもいらっしゃるし、ご主人の単身赴任もあったりで
希望が叶わず、現在に至っていらっしゃいました。

もう長くお話していませんでしたが、
ふと連絡があったので
今回の個別相談に至ったわけですが

お話を伺うと
小島さんは、今でもその夢を持っていらっしゃったんです。

ですから、夢をあきらめないように
お伝えしました。

そして、いただいたご感想がこちらです

『人生何があるかわからない。夢を諦めることはない。
とおっしゃってくれたことに、勇気付けられました。』

夢は、あきらめる必要なんて
本当にないと思います。

やりたいことが出てくる、浮かんでくる
ということは
それは、できるから、可能だからこそ
浮かんでくるのだと思います。

10年経っても消えない夢は
きっと叶える必要があるのでしょう。

彼女の話を聞いていたら、そう思えてなりませんでした。

一歩先にホメオパスになった者として
彼女のことを応援させていただきたいと想っています。