「お子さんの風邪」に対してホメオパシーを使うとき絶対知っておくべきこと

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

 

今日は、福島県から
ホーム・ホメオパシー実践講座の
受講生さんが、
下呂の相談室に来てくださいました。

 

S__18980879.jpg

 

こんな山奥の下呂くんだりまで
本当に嬉しく
ありがたいことです(^^)

 

 

この寒くなりかけた時が
一番、温泉の良い季節なので
この時期でよかったです。

 

 

 

さて

 

昨日は、また
Ign.のお話で
顎関節症のお話でしたね。

 

 

じつは
レメディーも
骨の歪みに対して
全く無力であるわけではないんですよ。

 

 

 

骨が歪んだ時に
レメディーがヒットすると

 

 

勝手に体が動いて
骨の調整するってことも
あるんですよ。

 

 

レメディーお持ちの方は
そんな時にもぜひお試しくださいね。

 

 

ご紹介したIgn.やNat-m.のように

 

ホメオパシーでは
肉体的な症状から選ぶだけでなく
精神的なことから選ぶこと
結構あるんです。

 

 

 

風邪の時も
同じです。

 

 

たとえば
Puls.ポースティーラ
というレメディーは

 

 

とっても甘えん坊な
レメディーなんですね。

 

 

子供が風邪をひいて
甘えてくる場合

 

 

お母さんと離れるのを嫌がったり
常に一緒にいたがったり
くっついてくるような場合

 

 

その風邪が
どんな症状を出している風邪であっても
Puls.を使うことができます。

 

 

もっと言うと

 

 

風邪でなくてもいいんですね。

 

 

急にすごい甘えてくるようになった時
それが、風邪以外のもの

 

 

たとえば
水疱瘡とか
手足口病とか

 

なんでもいいんです。

 

甘えて、くっついてくるような時

 

お母さんと離れるのを嫌がるから
幼稚園に、学校に
行きたがらない時

 

 

そんなときは、なんでも
Puls.です。

 

 

簡単ですよね(^^)

 

 

このPuls.は
親離れ・子離れのための
レメディーなんですよ。

 

 

だから
親子が離れなきゃいけないのに
それを嫌がる時

 

 

離乳の時

 

幼稚園に初めて預ける時

ギャーってなって
どうしようもできない時には

 

 

Puls.をあげてみてください。

 

 

 

本当は、お母さんも一緒に
とるのがいいんです。

 

 

どういう状況でも
お子さんがそうなってしまうのは
お母さん側の方にも
原因があることが多いんです。

 

 

これは、両方の問題なんですね。

 

お子さんだけじゃないんです。

 

 

だから、親子でとっていただきたい。

 

親子は、つながってるからです。

 

 

お子さんはとくに敏感なので
お母さんの意識を受け継いで
そうなっていることもあるんですよ。

 

 

 

Puls.は、
鼻水にも咳にも
使えるレメディーです。

 

 

風邪の時
甘えたら、
ぜひ使ってみてくださいね(^^)