「災害多発時代」に備えるレメディーの使い方

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

今日は連休の中日なので
軽い内容でお届けしますね。

 

 

昨日は
非常用持ち出し袋の中に
入れておきたい
2つのレメディーを
具体的にお伝えしました。

 

今日はその2つのレメディーの
使い方を、まとめますね。

 

Acon..jpg

 

Acon.アコナイト

気が動転して落ち着かせたい時
死ぬかと思うほどのショックを受けた時
大きな恐怖を感じた時
ショックの後に出てきた症状全般
風邪かなと思った時の24時間以内
急激に出てきた悪寒や熱
とくに喉の痛みや咳

 

アコナイトは、
災害やケガや事故によるショックの時には
まず第一にとっていただきたいものですが

日常でも風邪の時に
よく使うレメディーでもあります。

 

 

「あれ?風邪かな?」
って思うことありますよね。

 

 

急に喉が痛くなってきたり
急に悪寒がしたり

そんな急に出てきたような症状には
アコナイト使ってくださいね。

 

 

アコナイトは、風邪の初期に
とってもいいんです。

 

 

 

9061b17cc3bca4d9f0d0085946cf436b_s.jpg

 

Arn.アーニカ

事故やケガが起こった時
打ち身、打撲、内出血
捻挫、骨折などのケガ
出血が止まらない時
長時間、動けない、運動できない時
(エコノミー症候群など)
血管とくに動脈関連の疾患
頭部の打撲や損傷
※その他、ケガや事故には何でも
リピートしてとる

 

Arn.アーニカは
実際にケガをした時には
必ずとってほしいレメディーなんですが

 

ケガなどしてなくても
たとえば

避難所生活で、動き回ることが
ほとんどできなかったり

運動不足気味になってしまうような時にも
使っていただきたいんです。

 

動脈に作用するレメディーなので
体を動かさないことによって
血液循環が悪くなるような時に
とっていただきたいんですね。

 

なので、何か災害あって
どこかに避難などして
しばらく、じっとしていなければ
いけないようなことがあれば
定期的にとるようにしてください。

 

 

 

それでは
楽しい連休をお過ごしくださいね(^^)