「百日咳」に対処する意外な方法

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

下呂は紅葉が
けっこう進んできましたよ。

 

今日は、こんな感じ↓

S__19030041.jpg

もう少しですね。

 

 

 

さて
昨日は

 

百日咳に因んで
手軽に使える咳のレメディーを
お伝えしましたね。

 

 

 

じつは
百日咳の菌そのものから
つくったレメディーがあるんです。

 

Pertussin パータシン
というレメディー

 

 

これは
実際に百日咳に
かかった時にも使えますし

 

百日咳じゃないけど
百日咳みたいに
長引く咳にも使えます。

 

 

最近は
風邪から咳だけ残って
咳だけ長引くこと
よくあるようですね。

 

そんな時にも
つかってみられると
いいかもしれませんね。

 

 

 

レメディーの場合
何が当たるかは
とってみないと
わからないので
宝くじのようですよね。

 

 

宝くじの場合
数字を学んでも
当たる確立を上げることは
なかなか難しいと想いますが

 

レメディーの場合は
レメディーの勉強をすると
当たる確立を
上げることができます。

 

 

ホメオパシーは
レメディーをなめるだけですし
副作用がない分
間違っても大丈夫

 

 

だから
本当に簡単な楽な
代替医療ですが

 

当たる確立を上げること
だけが
初めのうち、少し難しいかもしれません。

 

 

慣れてコツをつかむと
いいんですけどね。

 

 

 

咳は、風邪の症状の中でも
長引きやすくて
体力を使いますよね。

 

 

できるだけ早く
レメディーをヒットさせたい
症状のひとつでもあります。

 

 

百日咳のレメディー
Pert.パータシンは
有名なレメディーではないですが

 

百日咳のレメディーがある
ってことだけでも
覚えておかれるといいと想います。

 

 

百日咳の時は
抗生剤よりもまず
パータシンですよ(^^)