そんなことまで?悲しみを無視することによる弊害とは

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

 

昨晩遅くに下呂に帰り
今朝、山を見たら
結構、来てました!
紅葉!

数日で変わりますね。

 

 

 

一昨日、歯医者で
仮歯を入れてもらって
昨日の朝起きたら

 

首の骨が歪んでいたのが
わかったんです。

 

 

慣れない
いつもと違う高い枕で寝た
ということもありそうですが

 

歯が突然入った
ということもあるんでしょう。

 

 

頭がボーっとして
後頭部に鈍い痛み

 

耳栓を前日泊のホテルに忘れてきて
よく寝られなかったことや
運転やPC作業からのコリも
かなりあって

 

これは、やばい感じだなー
このままだと
明日からのシゴトに
差し支えると判断したんです。

 

 

レメディーならば
Gels.やArn.で
対処したところなんですけど

 

基本的にマッサージが好きなので
こういう場合は
すぐに私はマッサージを選びます(^^)

 

 

 


えー!レメディーじゃないんかーい!


って
聞こえてきました。

 

 

 

いいんです!

 

好きなものは
変えられないですよね。

 

 

レメディーでよくなっちゃったら
マッサージ行けなくなりますもんね。

 

 

マッサージは私にとって趣味の一環。
人生の楽しみなんです。

 

 

マッサージ行く時は
やっぱり多少
コリがないといけないんですよね。

 

 

コリがない体をマッサージするほど
やりがいのないことはないし

 

やられている方も
スッキリ感がなくて
満足度に差が出るんです。

 

 

昨日の状態は
いろんなことが重なったので
ちょっと行きすぎで
辛すぎでしたけどね。

 

 

 

ということで
祖母宅の近所で
当日受け入れてくれる
マッサージ屋さんを
探し始めたんです。

 

 

それで
ネット検索や、クーポン紙で
いろいろ見てたら
急に、思い出したんです。

 

彼がいることを。

 

 

 

6-7年前になると思いますが
シータヒーリングのセミナーを
うちでやってくれないかって
突然、電話をくれた人です。

 

要は
シータヒーリングの受講生さんです。

 

祖母宅から車で5分なんですね。

 

 

電話をしたら
今日は混んでるけど
18時半ならできるというので
行ってきました。

 

 

いつも私が行っている
20年以上行きつけている整体は
とにかく骨を正しい位置に戻す
職人さんって感じなんですけど

 

 

その人の場合は
コリをほぐして
姿勢を正して
呼吸をしやすくする
っていうものだったんですね。

 

 

こんなところ
凝ってたんだ~ってところを
ゴリゴリやってくれて
楽になりました。

 

S__18956306.jpg

彼の場合
詰まってるところにあたると
どうやら、ゲップが出るようなんですね。

 

 

同じような人
アメリカ人のおばちゃんでもいたので
ここにもいたー!
って、発見した喜びが!(^^)

 

 

患者さんの邪気とか要らないものを
施術者が代わって出しているわけです。

 

 

レメディーで言うと
Phos.フォスフォラスです。

 

患者さんとの境目がない。

 

一体となって
いろんなものを出してくれてるんですね。

 

 

感謝です☆

 

 

そこまで体を張ってやってくれる人
普通の人では、なかなかいませんよね。

 

 

いろんな整体師さんがいて
それぞれに違うので
興味深いです。

 

 

 

それで、
前置きが長くなりましたが
今日私が伝えたかったことは

 

 

顎関節症とか
噛み癖のことなんですね。

 

 

私は今回、歯を入れたことで
噛みあわせが変わって
その変化についていけない筋肉が
硬直したことによって
やばい状態になりましたが

 

 

普段でもそういう人
いると思うんですね。

 

 

噛む癖は、私も昔からあって
ストレスがかかると
夜中に噛んで歯を痛める
ということを

 

人生の中で、何度か繰り返していました。

 

 

昨日の整体師さんが言うには

 

 

コリがあると
夜中に噛む
って言うんですね。

 

 

今まで私は精神的なストレスから
噛むと思っていたんですが
凝りというのもすごく納得でした。

 

 

ストレス→筋肉緊張→コリ発生→引っ張る→顎にも問題

ストレスかかると
体が緊張するから
それで凝って噛む
ということでしょうね。

 

 

だけれども
筋肉の緊張はストレスだけじゃなくて
カラダの使い方の癖もあるので
全部ストレスからというわけではないと思うんです。

 

 

カラダの使い方の癖から来ている場合は
コリをほぐして
正しいカラダの動かし方を習うのも
いいと想います。

 

 

 

それで

 

顎関節症のレメディー
なんですけれども

 

 

これまた
Ign.イグナシアなんですよ。

 

 

急性の悲しみのレメディーでしたよね。

 

 

どんな時に早めにとるんでしたっけ?

 

 

 

 

そうです!

 

 

 

失恋とか別れの悲しみがあったら
早めにひと粒とるんでしたよね。

 

 

悲しみなどの感情は
吐き出されない限り
カラダの中に保たれます。

 

 

ひとつひとつの細胞が
感情を覚えているんです。

 

 

吐き出されないと
それが溜まると

 

体に緊張が起こって

 

もしかすると
顎関節症へ
発展するのかもしれません。

 

 

ストレスから緊張が起こるのは
一般的な経路ですが

 

 

それが顎の筋肉へ及ぶ
タイプの人に合うのが
Ign.なんですね。

 

 

ひとつのレメディーを
突き詰めていくと
おもしろいですよね。

 

 

Ign.は、イグナチア豆
っていうフィリピン諸島の豆なんですよ。

 

 

そんなただの豆が
悲しみをどうして秘めているのか

 

気になるところでもあります。

 

 

ということで
まとめると

 

悲しみは溜めないほうがいいこと。

顎関節症が気になる方は
精神的なストレスが怪しいなら

Ign.をとってみることもおすすめ

体の使いグセからきている~という場合は
整体でコリをほぐしてもらうことも
いいかも!

 

参考になれば幸いです(^^)