どんな生活をしていても病気にならない人は何が違うのか

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

今日は
金沢へ行く用事があったのですが

 

3月も半ばになれば
ここ数年は暖かいし
雪は降らないだろうと思って
今日にしたんです。

 

 

それに、最近は
下呂も結構暖かくなってきていて
このまま春に突入して
サクラも咲いてくるだろうと
思っていたんです。

 

それなのに!!!

 

 

今日に限って!!!

 

 

まさかの!!!

 

 

雪が降ったんです!

 

S__21610516.jpg

こんなことってあるのかって
朝起きて、目を疑いました。

 

 

雨女ぶり
全開です!

 

 

幸い、道はそこまで雪はなくて
徐々に溶けてきていたので
無事に辿りつけましたけど。

 

金沢まで下道で約4時間です。
上道なら、もう少し短いですけど
峠越えなんですね。

 

しかも、スキー場もあるくらい
雪が積もる山の山越えなんです。

 

そんな道なんですけど
できるだけ
下道から行きたいんですよね。

 

車に長く乗っていたいので。

 

だけど

 

この状況
みなさんなら、
どう捉えますか?

 

S__21610515.jpg

あ~~
今日に限って雪だ~~
日頃の行いが悪いからだな~

 

って思いますか?

 

 

それとも

 

こんな珍しいことがあるなんて
今日はラッキーに違いない!
雪道走るのも楽しいもんね。

 

って思いますか?

 

 

全く同じ状況なのに
捉え方で
その日一日が
大きく変わりますよね。

 

 

起こったことは全く同じだけれども
捉え方が違うことで
その人のいる世界が変わりますね。

 

 

これって
レメディーを選ぶ上でも
重要なポイントなんです。

 

 

言い方変えると

 

 

その捉え方ひとつで
元気にもなれるし
病気にもなれるんです。

 

 

捉え方がネガティブだと
簡単に病気になれます。

 

 

この捉え方って
一見すると
その人が作り上げた
個性のように見えますけれども

 

 

もちろん
そういう部分もありますけれども

遺伝から来てることもあるし
もちろん育った環境もありますし

 

ホメオパシーで人を
みせていただいていて
驚くことは

 

 

重金属などの
毒素によっても

人格が変わる
ということなんです。

 

 

なので
この捉え方
という部分でも

 

特定の重金属が
いっぱい入ると

 

特定のネガティブな
考え方をするようになるんですね。

 

 

ってことは
何が病気を作り出しているかって
そんな話になると

 

いろんな要素があることになるんですけど

 

 

、、、って
また書きたい内容から
話が脱線していったので

 

今日書きたかったことは

 

 

捉え方を変えると
気分が楽になったり
病気を生み出す種がなくなったり
しますよ
ってことなんです。

 

 

ものすごく小さな出来事

 

それなのに
ネガティブに捉えてしまう

 

 

そこに気付いたら

 

その反対を考えてみたら
どうでしょうか。

 

 

たとえば
今日の私なら、、、

 

 

「え~雪かよ~最悪」
って
もし思ったとしたら、、、

 

 

「やったー!雪だ!
 久々の雪の日に
 でかけられるなんて
 ラッキー☆」

 

 

って、思ってみる。

 

 

思い込んでみる。

 

 

そんなのできないよー
って思うかもしれないけど

 

やってみてください。

 

 

これって
人生を楽しく過ごす上で
ものすごく大事なことなんです。

 

 

そして
病気にならないために
根本的なとっても大事なことなんです。

 

 

みんながこれをできるようになったら
世の中、ものすごく平和で
病気もなくなると
思うんですよね。

 

 

小さなことも大きなことも全部

 

何かが起こって
そのことに対して
ネガティブに考えてしまったら

その反対を考えてみる

 

 

やってみてくださいね(^^)