台風で具合が悪くなるその正体とは

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

昨日は
台風で具合が悪くなるのは
遺伝から来ている
というホメオパシー的見解を
お伝えしました。

 

低気圧で水分が膨張して
神経を圧迫して痛みが出るなどの
病理は
あくまでも、表面的な話で

 

どうしてそうなるのか
というのが大事
ということでしたよね。

 

 

遺伝というのは
一般的な分類は
あまり聞いたことがないかもしれませんが

 

ホメオパシーでは、
病気を生み出す遺伝を
その遺伝を生み出した
大本の感染病などの病名を付けて
分類しています。

 

現代では、大きく
5つの種類がある
とされていますけれども

 

実際には、現代病など
新しい病気が出てきますので
それに伴って
新しい遺伝の分類も
できつつあります。

 

血の繋がったご先祖様が
強い感染病にかかって
それが完治しないか
または、抑圧されると

 

その情報が
遺伝子のDNAに刻み込まれます。

 

それを
子孫がDNAで受け継いでいくと

 

その子孫は
その感染病に関連した病気や
症状が出やすいという
特徴を持って生まれてくる
という

 

ホメオパシー独特の理論です。

 

この理論は
ホメオパシーの創始者
サミュエルハーネマンが
見つけた理論なので

 

もう200年くらい前に
発見されたものなんですね。

 

 

それで
台風の話に戻しますが

 

台風で具合が悪くなる
という状態は
どの感染病に関連してるかというと

 

淋病
っていう性病
聞かれたことありますか?

 

大昔に流行って
今でも、まだある感染病ですね。

 

この淋病が治らないまま
または、抑圧されたまま
DNAを通して
子孫へ遺伝すると

 

その子孫は
淋病そのものじゃなくても
それに関連した病気に
なりやすくなるというか

 

淋病の持つパターンが
人生で現れやすくなるんです。

 

 

淋病遺伝のパターンというのを
少しご紹介すると

 

 

見た目では
髪の毛は太くて硬くて多い
いわゆる剛毛

 

女性だと
胸が大きい人が多いです。

 

夜になると元気になって
朝方になると悪くなるタイプ

 

最近の言葉で言うと
「パリピ」
と言われる方々

03b147d0cbc140825a4f012ece8cb2a9_s.jpg

パーティー大好きなんですね。
派手なのも大好き。
夜に遊びまくります。

 

とにかく物欲が旺盛なので
豪華なものを
いろいろ持ってたり
欲しがります。

 

もちろん、メイクも
派手ですよ。

 

病気で言うと

 

腫瘍やポリープが
できやすかったり
イボも多いです。

 

また、生殖器系や
泌尿器系の病気に
かかりやすいタイプ。

 

症状で言うと

 

鼻水とか粘液が多くて
色は黄色くなります。

 

むくみやすいというのも
ありますね。

 

そして
湿気で悪化する
ということがあるので

 

雨の日とか
低気圧が迫ってくると
頭痛になったり
関節が痛んだり
具合が悪くなるわけなんです。

 

 

もしも
全部じゃないけど

あ~~あるある!
当てはまってるわ~
って思って

 

さらに、台風や雨で
具合が悪くなるから
困ってるって場合は

 

 

Thuj.スーヤ
をとってみてください。

 

また出ましたね!

 

そうそう
猫ちゃんが
一生懸命に発音練習してたやつ

 

THの発音が
ちょっと難しいんですよね。

プレゼンテーション1.jpg

 

してねーわ!!!

 

って、ツッコんだ人!

 

いいね☆ d(^^)

8dcd9bed3e706978375ec0da33c58bd0_s.jpg

 

 

―――――――――――――――――――

インフル電子書籍キャンペーン

 

ダウンロードがまだの方は
どうぞこちらからゲットしてくださいね!

インフルバナーa.jpg

みんなでできる
ホーム・ホメオパシー式
もうひとつのインフル対策
 
▼▼▼ダウンロードはこちらから▼▼▼
 
%%%_LINK_18442_%%%