風邪のとき、薬やレメディーよりも大切なこと

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

 

今日も下呂は
とってもお天気よかったんですが
みなさんのところでは
いかがでしたでしょうか。

 

 

さほど暑くもなく
まだ寒くもない
この時期は
遊びに出かけるのにいいですね。

 

81211bab34513dca7fd4618ce16e118a_s.jpg

 

昨日は

 

 

風邪の時に
大事なこと

 

3つ

 

お伝えしました。

 

 

 

覚えていますか?

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

鼻をかむこと!

痰を出すこと!

喉が痛い時には
マスクをして乾燥を防ぐこと!

 

 

でしたよね。

 

 

 

こういうことって
あたりまえすぎて
軽視されがちなんですが

 

 

こういう基本的なことが
とっても大事なんです。

 

 

 

ホメオパシーを始めると

 

 

何か症状が起こったら
すぐにレメディー
なんでもレメディー
って思われる方
多いんですけど

 

 

それよりも
この3つは
まず、やるべき
大事なことなんです。

 

 

 

もうひとつ
思いっきり基本的で
大事なことありますよ。

 

 

なんだと思いますか?

 

 

 

風邪の時も
熱の時も

 

 

忘れてはいけない
とっても大事なことです。

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

 

水を飲むこと!
です。

 

 

 

風邪や熱のときは
普段よりも多めに
水を飲んでくださいね。

 

 

 

鼻水も
粘っこくなったり
詰まってしまって
出てこないこと
ないですか?

 

 

そういう時は

 

 

水が足りないこと
結構あるんですよ。

 

 

 

痰も同じです。

 

 

喉が痛い時も
そうですね。

 

 

 

乾燥するのは
水分不足です。

 

 

 

ブライオニアの説明の時に
お伝えしましたが

 

 

水分補給は、とっても大事!

 

 

とくに
風邪や熱のときは

 

 

体にとっては
通常業務ではなくて
緊急事態になってるんです。

 

 

 

だから
普段よりも
水を多くとって
代謝をよくしてあげないと
回復も早く進まないんですね。

 

 

 

 

水をとって
すべりをよくしてあげましょうね。

 

 

体がどんどん働けるように。

 

 

緊急事態を
少しでも早く
のりこえられるように。

 

 

 

あと

 

 

小さいことなんですけど

 

 

鼻をかむときは

 

 

立つか座るかして
かみましょうね。

 

 

寝た状態だと
なかなか出てこないこと
ないですか?

 

 

地球には
引力がありますから

 

 

引力に逆らわないように
上手に利用する形で
体のシゴトを手伝ってあげると
うまくいくものです。

 

 

 

そして
片方ずつ押さえてかむと
いいということは
ご存知の方も
多いと思いますが

 

 

こういうのって
学校でとくに習うことじゃないので

 

 

もし、知らなかった方は
参考にしてくださいね。

 

 

 

それから
たびたび言ってますが

 

 

風邪引いたときや
花粉症の方は

 

 

頻繁に鼻をかむので
ローションティッシュ使いましょうね。

 

 

少々お高いですけれども
痛くてかめなくなるよりは
マシなんです。

 

 

 

とにかく
鼻はかんで出すこと!

 

 

 

これは、
レメディーをとることよりも
はるかに大切なことです。

 

 

 

出てくるものは
出す!
出し切る!

 

 

 

体は、体の外側まで
押し出してくれることまでは
してくれますけど

 

 

そこから先は
人間の物理的な作業になります。

 

 

これをしないと
体の出口付近に
くっついたままに
なってしまいますよね。

 

 

一番良いのは
くっつかないくらい
勢いよく、さらっとしたものが出たら
いいんですけど

 

 

そこまで健康な方は
日本人では珍しいので

 

 

出にくい時には
水分補給で、
粘り具合を緩めたり

 

 

紙などで拭ったり
という作業が必要になってきます。

 

 

 

うんちもそうですよね。

 

 

体調がいいと
お尻を拭かなくてもいいくらい
ちょうどいい硬さのうんち
出ませんか?

 

 

 

いろんなサポートが要らない
本当の健康体を
めざしましょうね~(^^)