もったいないレメディーのとり方

Pocket

みなさん
こんばんは♪

 

 

先週、下呂の自宅へ
久々に帰ったんですが

山桜が、山の頂上の方に
まだ残っていました。

 

 

今週末から
ゴールデンウィークが始まりますね。

 

 

その頃には
新緑がキレイだと思います。

 

 

よかったら、飛騨の方
訪れてみてください(^^)

 

 

さて、

 

 

最近、よく聞く
レメディーのとり方での間違い
といいますか

 

 

間違いではないんですけど
おすすめしないとり方を
されている方が多くて

 

 

せっかくレメディーとってても
残念だなーと思うので

 

ちょっと
ご紹介したいと思います。

 

 

レメディーには
目的別に、いくつかの種類を混ぜて
ひと粒にして販売されてるものが
あるんですけど

 

 

コンビネーションレメディーと
呼ばれているものです。

 

 

それらは
混ぜてとらない方が
本当は良いです。

 

 

説明が難しいんですが

 

 

コンビネーションレメディー
 +
コンビネーションレメディー

というふうに

 

 

2つのコンビネーションレメディーを
同時に口に入れることを
しない方がいいということです。

 

 

べつにしてもいいんですけど

 

間違いっていう程ではないんですけど

 

 

ちょっと
もったいないんですね。

 

 

コンビネーションレメディーは
それだけで、とられが方がいいです。

 

 

たとえば

 

 

肝臓サポートを目的としてつくられた
コンビネーションレメディー

 

腎臓サポートを目的としてつくられた
コンビネーションレメディーは

 

別々で
とった方がいいです。

 

 

朝に肝臓
昼に腎臓

 

 

そんな感じで。

 

 

なぜかというと

 

 

コンビネーションレメディーは
既に、それだけで
10種類とか入ってたとしたら

 

それら、2つを混ぜると
20種類とか
それ以上を一気とること
になってしまうこともあるからです。

 

 

じゃあ、それがなんでダメなの?
って思うと思うんですけど

 

 

ちょっと今日は時間がないので
それは、次回のメルマガで
説明しますね(^^)