ワクチンが承認されて「喜ぶ人」と「不安な人」がいる理由

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

今日から、すこ~しずつ
日が長くなっていきますね。

 

 

新型コロナも
冬至がピークになって
今日から少しずつでも
終息の方向へ向かってくれるといいな
と思っています。

 

4115338_s.jpg

イギリスの方では
ウィルスの変異が
確認されたそうですね。

 

 

日々騒がれているワクチンも
効力がどれほどなのか
また、本当に安全なのか
気になるところなんじゃないかと
思いますが
みなさんは、いかがでしょうか。

 

 

昨日、個別相談をさせていただいた方は
ご主人がインフルエンザの予防接種を
毎年打つように言うので

 

 

仕方なく、小学生の息子さんに
毎年インフルエンザのワクチンを
打ってたそうです。

 

 

ですが、打つと毎回
奇声を発するようになって
それが半年続くと言うんです。

 

 

半年経つと、奇声はなくなるので
また次の年も打ってた
とおっしゃるんですね。

 

 

この方のように
ご主人の言うことは絶対だ
というご家庭も
多いのではないかと思います。

 

 

これは
予防接種を打つ打たないの
大きな問題なんですけど
家庭の平和も大事ですよね。

 

 

そのご家庭にとって
その子にとって
何を優先すべきで
何が一番大切なことなのか

 

 

というのは
お一人お一人
また、ご家庭によって
違います。

 

 

中には
怖いご主人に逆らってまでも
家庭の平和を崩してまでも
その子を守った方がいい
という体質を持つお子さんもいます。

 

 

世の中は、ワクチンが承認され
それによって安心している人たちが大半ですが

 

 

ホメオパシーや薬を使わない
自然な生活を重んじている方々は

 

 

ワクチンが義務になったらどうしよう

 

打たないことで
学校に行けなくなったら
シゴトができなくなったら、、、
など

 

逆の意味で不安を抱えていて

 

 

ワクチンは打った方がいいのか

 

結局ワクチンを反対する理由は何なのか

 

そんなご質問を最近またよく
受けるようになりました。

 

 

そこで
新型コロナ対策よりも
ワクチンをどうするか
の方が
今は、お悩みが大きいのではないかと思いますので

 

 

ワクチンに関する不安をなくす
特別個別相談会
させていただこうかと思います。

 

 

ワクチンに関する不安を抱えて
ひとりで悩んでいても
解決されないことが多いので

 

思い切って、相談してください。

 

 

受付は
大晦日の夜
今年最後のメルマガ
開始させていただきます。

 

 

詳細も
少しお待ちくださいね♪