風邪はどうして引くのか

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

冬至ですね。

 

 

一瞬、寒さが和らいで
また寒くなりましたが
みなさんのところでは
大丈夫でしょうか。

 

 

風邪を引くことは良いことだ!
と、普段からおしえていますが

 

 

先日、初めて
セミナーに参加してくださった方が
このようなことを言われました。

 

 

レメディーをとると
風邪を頻繁に引くようになるのが怖いんです。

 

 

あ~そういう風に
心配される方がいらっしゃるんだと
私自身、とても勉強になって
この方との会話では
いろいろと学ばせていただきました。

 

 

そして
大雑把でわかりづらい表現を
反省しました。

 

 

正しくは

 

 

体にとって
引く必要がある風邪を
必要なタイミングで
引くことができる

 

 

ということが
良いことなんです。

 

 

その状態が、私たちの
自然治癒力が活発に働いてくれている証拠でもあります。

 

 

本当は今、風邪をひいて
体をキレイにしたいのに
そのパワーがなくてできない

 

とか

 

 

せっかく風邪をひきかけたのに
それを薬やシゴトの急がしさなどで
止められてしまった

 

とか

 

 

そういうふうになると
必要なタイミングで
風邪がひけなくなって

 

 

イコール

体の中のデトックスが
必要なタイミングで
できなくなって

 

 

体がだんだん汚れていくと

 

 

インフルエンザとか
新型コロナとかの
風邪よりも
ちょっと大変になるようなウィルスに感染して
大掃除になることもあります。

 

 

そして、その大掃除も
体のパワーがなかったり
途中で止められてしまうと

 

 

体の中がゴミだらけになって
もっと大きな病気になってしまうことも
ありえます。

 

 

そうなってしまう前に

 

 

小さな風邪のうちに
しっかりと
体を休めて、こまめに
掃除もできるといいですよね。

 

 

冬至は、かぼちゃと
ゆず風呂でしたっけ。

 

1899035_s.jpg

今夜は1年で一番夜が長い日

温かくして
寝て下さいね^^