あぐらをかいて座ってたら起こった予想外のこと

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

昨日から
大雪を脱出して
愛知の実家へ来ています。

 

 

こちらは
暖かくて過ごしやすくていいんですが

 

空気が良くない
そういつも感じます。

 

 

岐阜の山奥は
不便で寒いですけど
空気がキレイなんです。

 

 

今は、コロナで
移動が難しくなっていますが

 

都会に住まわれている方は
終息したら、ぜひ
山奥へいらしてみてくださいね。

 

 

さて

 

今日は、私の体験談を
書かせて頂こうかな
と思います。

 

 

じつは、
去年の10月半ばくらいから
膝が痛かったんです。

 

 

左の膝だけ

 

 

何をした覚えもなくて
突然、痛くなったんですね。

 

 

これはもしや
老人性の
膝の軟骨がすり減って起こるやつかも、、、
って思って
ショックだったんですよね。

 

 

だから
誰にも言わず
メルマガにも書かず
しばらく我慢してたんです。

 

 

だけど
痛い

 

 

かなりの
痛さだったんですよ。

 

 

動いてなければ
痛くないんですけど

 

 

歩いたり
立ったりする時なんて
結構痛いんです。

 

 

声には出さなくても
心の中で
イタイイタイって
言ってました。

 

 

一番痛かったのは
車を運転して
車から降りた時

 

 

毎回100メートルくらいは
軽いびっこ状態で
歩いていました。

 

 

これから先の人生
こんな痛みと共に
生きなきゃいけないのか
って思ったら

 

 

もう人生やめたいわ~
体を交換してくれ~
って思うくらい
不便だったんです。

 

 

思うように動けないって
本当に辛いですね。

 

 

職業柄
なんでこんなことになったのか
考えました

 

 

考えられることは
2つ

 

 

ひとつは
いつもの姿勢

 

 

普段から
あぐらかいて座ることが多くて
膝が折れ曲がってるので
負担がかかって
とうとう痛くなったんじゃないか
ということ

 

 

もうひとつは

 

 

8月末に
コンクリートの上で
派手に転んだこと

 

 

だけど
痛くなったのは
10月半ばなので

 

 

その間、1ヶ月半も
あるわけで、、、

 

 

因果関係があるとは
思えないということがありました。

 

 

みなさんがもし
ホメオパシーを
使いこなせる方だったら

 

どんなレメディーを
選びますか?

 

 

推測してみてください。

 

 

私が選んだレメディーは
次回のブログで
お伝えしますね。

 

 

そんなに難しくないですよ^^

 

~ご家庭でのコロナ対策健康応援~医療現場でお医者さんに相談する前に 自分で自分の身を守る ホーム・ホメオパシー オンライン無料相談 (1).png

~ご家庭でのコロナ対策健康応援~
医療現場でお医者さんに相談する前に
自分で自分の身を守る
ホーム・ホメオパシー
オンライン無料個別相談
受付は25日(月)夜のメルマガ
で開始予定です!