愛犬への熱中症対策

Pocket

みなさん
こんばんは♪
 
 
 
 
新型コロナだけでなく
RSウィルス
熱中症と
医療が切迫しているようですね。
 
 
 
 
少しでも自分でできることを増やすことは
それだけでも、社会貢献につながりますし
 
 
 
 
コロナ感染だけでなく
病院に行く何かが
家族に起こった時
 
 
 
 
とくに、今のように
病院でみてもらえないことがあるような状況には
不安を感じることもなくなります。
 
 
 
 
ホメオパシーを使用している方は
事故や大きなケガにならない限り
病院を利用していない方が多いです。
 
 
 
 
もちろん、私も20年以上
歯医者以外の病院は
全く利用していません。
 
 
 
 
もし、みなさんが
まだホメオパシーを
傍観していらっしゃるようでしたら
 
 
 
 
ぜひぜひ、これを機に
ひとつのツールとして
取り入れてみてください。
 
 
 
 
怖くありませんから。
 
 
 
 
怖いどころか
大きな安心に
必ずつながりますから。
 
 
 
 
 
さて、今日は
読者様からご質問をいただきましたので
お答えしますね。
 
 
 
 
▼いただいたメールはここからです▼
 
 
 
いつもメルマガをありがとうございます。
 
 
今回、熱中症の電子書籍を読ませていただきました。
簡単なので、早速作ってみたいと思いました。
ありがとうございます。
 
 
質問があるのですが、愛犬の熱中症が心配です。
バイタルソルトを犬の飲み水にも使えるならば、使いたいと思いました。
もし、使えるならば、犬の場合、水➕バイタルソルトのみで大丈夫でしょうか?
また、人間と同じ濃度で大丈夫ですか?
 
 
お忙しいところ恐れいりますが
教えていただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。
 
 
▲ここまで▲
 
 
 
 
ワンちゃんに限らず
動物全般に
レメディーはお使いいただけます。
 
 
24245695_s.jpg
 
動物の場合も
人間と同じように
飲み水にレメディーをひと粒
入れていただければ大丈夫です。
 
 
 
 
ただ、動物の場合は
人間と体の構造が異なりますので
塩を一緒に入れるかどうかは
その動物によって
変えてください。
 
 
 
 
ワンちゃんの場合は
塩は要りませんし
もちろん、甘みのものも要りません。
 
 
 
 
熱中症の電子書籍の中の
ドリンクのレシピは
スポーツドリンクを模しているので
うっすら甘みをつける感じで
載せているんですが
 
 
 
 
甘みに関しては
絶対必要ではないので
甘いのが好きでない
大人でしたら、とくに
必要ありません。
 
 
 
 
人間の場合は
レメディーと塩を入れてくださいね。
 
 
 
 
濃度に関してですが
 
 
 
 
じつは
レメディーは
濃度は、ほぼ関係しません。
 
 
 
 
厳密に言うと
関係するものもあるんですが
普段は、そう気にしなくて大丈夫です。
 
 
 
 
 
水の量に関係なく
ひと粒入れていただければ
大丈夫ですよ。
 
 
 
 
熱中症の電子書籍
まだ読まれていない方は
こちらから無料でダウンロードしてくださいね
 ▼ ▼ ▼
%%%_LINK_45886_%%%