前代未聞の「鼻水」が出続けた末に起こったこととは?

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

ホーム・ホメオパシー3周年
記念eBOOK
まだ読まれていない方は
こちらからどうぞ▼

%%%_LINK_23822_%%%

注目の写真2.jpg

 

 

この中にも書いていますが
ホーム・ホメオパシーは元々
どうしてつくったのかというと

 

 

もっと身近に
ホメオパシーをつかったデトックスを
ご家庭でやっていただいて

 

慢性病を未然に
防いでいただくためなので

 

 

ホーム・ホメオパシーの
受講生さんたちは
個々にデトックスに
チャレンジしてくださっているのですが

 

 

今日は
先日の受講生さんのお話を
シェアさせていただきますね。

 

タイトルなし.png

 

5才の息子さんのお話です。

 

 

この子は
滲出性中耳炎と
鼻づまりの症状があって

 

言葉が少し遅いような
感じがあったと
入学された時のお話では
そんな感じでした。

 

 

そして
講座を受けながら
デトックスをされたら

 

1ヶ月くらい
鼻水が出続けたそうなんです。

 

 

それまでは
鼻づまりはあっても
鼻水は出てこなかったそうなんですね。

 

 

鼻水は
鼻水が出ること自体は
病気ではないので
全く問題ないんですが

 

逆に詰まって
出ないことの方が
問題なんです。

 

 

あとは、
前に出なくて
後ろに下がって
喉に落ちる人もいますが
これも、良い状態ではないです。

 

 

いわゆる、後鼻漏
と言われる状態です。

 

 

前に出る鼻水は
健康的なんですね。

 

 

だから
この子の場合は

 

今まで詰まって出てこなかったのが
出るようになったのですから
これは、好転反応です。

 

 

こんなに出るんだ?
っていうくらい

出たそうです。

 

 

同時に
滲出性中耳炎も良くなって

 

その後
ぐんと語彙力が伸びたそうで
よくしゃべるようになった
とのことでした。

 

 

よかったです!!!^^

 

 

こういうお子さん
多いんですね。

 

 

鼻が詰まってると
酸素も弱くなるので

そうすると
脳にも酸素が少なくなって
頭がぼーっとしてしまうと

 

発達障害だとかって
言われたりして

 

 

だけど
それは、ただ
鼻の問題だけ
だったりするんです。

 

 

この子も
言葉が遅いって
心配されてても

 

本当は
鼻づまりが原因で

 

その鼻づまりは
なぜ、そうなったかと言うと

 

 

身体の中に
要らないものが溜まってる状態になっていて

 

それを出せない
ってことが
あるわけなんです。

 

 

詳しくは
eBOOK読んでくださいね。

 

 

いずれにしても
本当によかったです。

 

 

お子さんへの
ちょっとした誤解から
病気だとされて

 

薬を毎日とらなくてはいけなくなるっていう子
ものすごく多い時代です。

 

 

本当は、
ちょっとしたこと
なんですけど

 

 

お子さん自身も
そんなことまでわからないから
違うって言えないし

 

 

お母さんも
ただただ心配だしって
病院へ駆け込む方多いですけど

 

 

その前に
ホメオパシーで
相談してみてほしいんです。

 

 

子どもの可能性って
すごいですから。

 

 

病院へ行く前に
できること
いっぱいありますよ^^

 

 

そんな良い報告を沢山聞けて
とってもやりがいのあるお仕事
ホーム・ホメオパシー・
インストラクター
次の募集は

8月13日(木)
夜のメルマガで開始予定です!