〇〇ほど、体に悪いものはない!

Pocket

みなさん
こんばんは♪

 

 

みなさんは
何か怖いものってありますか?

 

 

昨日まで
Acon.というレメディーを
詳しくお伝えしてきましたが

 

アコナイトは
予想しないような
恐ろしい出来事が突然起こった時

 

まさにその時に
使うレメディーでしたよね。

 

 

受講生さんから、昨日
こんなご質問をいただきました。

 

トンネルが怖いんですが
その場合も
アコナイトですか?

 

 

 

アコナイトは
今起こっている恐怖なので

そういう意味では
実際にトンネルを通って恐怖を感じた時
アコナイトは、合っています。

 

 

だけれども
それが、繰り返し起こる場合

 

 

トンネルを通る時
必ず、恐怖に襲われる場合は

e3369b8053e0a036dc1c2596ad924e3e_s.jpg

 

それは、
恐怖が慢性化しています。

 

 

 

慢性化というのは
簡単に言うと

あたりまえの状態になっている
ということです。

 

 

たとえば

生理の前に毎回頭痛が起こる

これは、生理の前に頭痛が起こるのは
その人にとって、あたりまえ。

雨になると
肩が凝る

これは、雨の日に肩が凝るのは
その人にとって、あたりまえ。

トンネルとおると
毎回、怖い思いをする

これは、トンネルを通るのは
その人にとって、
怖いのがあたりまえ。

 

 

このあたりまえの状態
というのが
慢性化した状態なんです。

 

アコナイトは
どちらかというと
慢性化したものよりも
急性の状態に合います。

 

 

まだ、それが
あたりまえにはなっていない

 


急に、今までなかったことが起きて
びっくりしている!

そんな状態を
急性と言います。

 

 

今までなかったようなことが
突然起こって、恐怖になったような
そんな時にはアコナイトです。

 

 

一方

同じ恐怖が
繰り返し同じ状況で起こる場合

 

Stram.ストラモニューム
というレメディーを
使うことができます。

 

 

このレメディーは
前のメルマガでも
お伝えしたことがありますが

朝鮮アサガオのレメディーで
いろんな恐怖に使えるんですね。

 

 

しかも、
慢性化している
繰り返し起こる恐怖です。

 

 

トンネルが怖いって言うのは
きっと何か理由があるんですよね。

 

というのは
普通の人は、
トンネルなんて怖くないからです。

 

 

大半の人が怖がらないものを
怖がるというのは
そこには何か
その人特有の理由があることを
疑います。

 

 

たとえば
お母さんから生まれて来るとき
産道が暗くて怖かったとか

 

過去に暗いところで
怖い思いをしたことがあるとか

 

そんな感じです。

 

 

怖いものがあると
その分
生き辛くなりますよね。

 

 

種類にもよりますが
トンネルは、車に乗ってれば
必ず通る道ですし

 

それをいちいち怖がってては
いろんなことが苦痛に
なってしまうかもしれません。

 

 

恐怖は、
エネルギーをキュッと縮めてしまいます。

 

 

それと同時に
体も筋肉もキュッと縮む

 

そうすると
血行が悪くなって
いろんなところに
支障が出てくることもあります。

 

 

恐怖は多ければ多いほど
そのチャンスが増える
ということになるので

 

できるだけ
恐怖は解消するのがいいですよね。

 

 

いろんな方を見ていると
病気を生み出す原因って
本当にいろんなものがあるんですが

 

ストレスというものは
最大の病気を生み出す原因なのではないかと
思います。

 

 

全ては
ストレスに集約されるといっても
過言ではないと思います。

 

 

このストレスを生み出している
大きなもののひとつに
恐怖がありますよね。

 

 

 

お父さんが怖い

主人が怖い

先生が怖い

犬が怖い


水が怖い


会社が怖い


上司が怖い


電車が怖い

 

 

あげたらキリがないんですし
怖いものが全くない方も
めずらしいと思います。

 

 

だけれども

怖いものがあると
体がちゃんと運営できなくなって
具合が悪くなって
しんどくなりませんか?

 

 

ストレスなんですよね。

 

恐怖ほど、体に悪いものは
ないと思います。

 

 

怖いものをひとつ解消するだけで
生きるの少し楽になると
想いませんか?

 

 

それを解消するのは
Stram.ストラモニューム
です。

 

 

トラウマになっているような
繰り返し起こる怖いものがある方は
ぜひ、とって恐怖を解消してくださいね。

 


それによって
きっと、今までよりは
楽になると思います。