花粉症薬が保険適用外になるという報道のトリック

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

 

昨日の朝ニュースで
花粉症の薬が保険適用外になる
というのをやっていましたが
みなさんは、ご存じですか?

 

 

同時に、白血病の治療?が
3千万円以上するんだけれども
それの3千万円位を国が負担するとか

 

細かくは忘れましたけど
そんなようなことも言ってました。

 

7f217f31f587027cc2638b676f47c771_s.jpg

本当に深刻な病気に対して保険適用にして
たいしたことない病気には出さなくて
その分を、深刻な病気に持っていく
ということですね。

 

 

これは、
本当に良いことだと思いました。

 

 

っていうのは
先回のメルマガでもお伝えしましたが

 

花粉症くらいなら
ホメオパシーで、自分でやろうと思えば
できるからです。

 

 

だけれども、白血病ともなると
自分でやるというのは難しいので
ホメオパシーなら、ホメオパスにかかるか
病院にかかるか
という選択肢になりますが

 

 

花粉症は、元々、病院へかかっても
その場しのぎに、ピタッと
鼻水を止めることはできても

 

 

根本的に良くなるのは
なかなか難しい人が多いので
ホメオパシーの選択をされるのが
ベターだと思っています。

 

 

病気によって
軽い重いがあるし

 

 

治療法によっても
得意不得意ありますからね。

 

 

いよいよ国も財政が厳しくなってきて

 

今までのように
なんでもかんでも病院で薬をもらえる
という時代は
そろそろ終わりそうですね。

 

 

それも良いことだと思います。

 

 

本当は、自分でなんとかできるのに
なんでもかんでも頼るというのは

 

いつまででも
子どもを甘やかせてしまって
かえって子どもを弱くしてしまう
お母さんと同じ。

 

 

国民も、もっと自立して
自分の自己治癒力を信じて高めたら
要らない病気は減って
もっと楽に生きられるようになると
思うからです。

 

 

ホメオパスの視点からすると
医原病が山ほどあるという現状を変えるには
本当に良いことだと思います。

 

 

昨日のニュースでは
お医者さんがインタビューされていて
これに対してどう思いますか?
というようなことを
聞かれていたんですが

 

 

「花粉症の薬が病院で出されなくなったら
病院へ行く人が減って
病気がもっと進行する可能性が出てくるので
心配ですね」
というようなことをおっしゃっていました。

 

 

たしかに、そうかもしれないけれども
花粉症に限っては
薬とると、体の毒素が増えるので
ますます花粉症が酷くなるというのが
ホメオパスの考えです。

 

 

もうひとつ腑に落ちなかったのは

 

 

そのインタビューに答えてた
お医者さんは

整形外科のお医者さん
だったんですよ。

 

 

テロップで出てました。

 

 

私はもう20年位
病院へかかってないので
病院の内部のことに
詳しくないんですが

 

 

花粉症の人って
整形外科に行くことあるんですかね?

 

 

整形外科のお医者さんって
花粉症にも詳しんですかね?

 

 

 

こういうトリックは
至る所でありますね。

 

 

よく見てないと
よく聞いてないと

気づかないですよね。

 

 

インドでは、
こういう、とっても巧妙な
その場では気づかずに


後で考ると


しまった~
っていうトリックに
騙され放題だったので

 

 

少しは、私も見る目が
ついたんだと思うんです。

 

 

小さなことなんですけど
これに気づかないと
鵜呑みにしてしまって
信じ込んでしまうわけです。

 

 

日本では、いくら都会でも
道端で騙されることはないと思いますが

 

報道には
気をつけましょうね!

 

 

ちょうどこの機会に
花粉症の方へお伝えしたいんですが

 

 

花粉症を根絶するための
ホメオパシーでのアプローチは
花粉症の症状が出る前に
始めるのがいいです。

 

 

最低でも、半年位前には
始めて頂いた方がいいので
春に出る方だと
そろそろなんです。

 

 

花粉症薬が保険適用外になるこの機会に
ホメオパシーに切り替えたいわ!
と言う方は、ご連絡くださいね。

 

 

そして、こうなってくると
この政策によって
花粉症難民が出てくるのも必至。

 

 

きっとドラッグストアは
儲かるかもしれませんね。

 

 

だけれども、これを機に、
まだホメオパシーを傍観されている方は
ホメオパシーに切り替えるのも
1つの案だと思います。

 

 

そういえば

 

 

先日、ご入学くださった受講生様は
薬剤師さんで、
家業もドラッグストアだとのことだったので

「どうして、対抗するホメオパシーに?」
ってお尋ねしたら

 

 

薬剤師でも
薬はできるだけ使いたくないんです。
とおっしゃっていました。

 

 

お医者さんや看護師さん
歯医者さんは、受講生様の中にも
結構いらっしゃるんですが
薬剤師さんは、うちでは
初めてだったんですね。

 

 

 

だけれども
それが世の中の
知られざる実情なんですね。

 

 

じつは
医療関係者の方で受講される方は
結構多いんです。

 

 

やはり、医療に携わってる方は
治療関係のものにご興味もつのは
自然ですもんね。

 

 

だけれども、
私は医療関係者だから、、、
医師だから、、、
ってプライドにとらわれることなく
ホメオパシーの門戸を叩かれるって

 

 

全員ができることではないと思うし
その研究心が、素晴らしいと思います。

 

 

自分のプライドを優先することなく
たとえ、医療関係者から
反発されることであっても

 

ご自身の考えを信じて
患者さんのために学びを深めることを
優先するって、
本当にすごいことだと思います。

 

 

尊敬します。

 

 

まだホメオパシー一度も
使ったことないという方は
ぜひ、チャレンジしてみてほしいですし

 

ますます、これに伴って
インストラクターの人数が
必要になってきそうです。

 

 

インストラクターは
来月、募集する予定ですので
気になる方は、
ぜひお待ちしておりますね(^^)