DNAに刻み込まれた「病気を生み出す」知られざる3つの要素

Pocket

 

予告

メルマガ読者様特別枠
無料ホーム・ホメオパシー®個別相談

受付開始は
6月30日(水)
夜のメルマガ

 

 

みなさん、こんばんは♪

 

 

明後日の夏至に因んで

昨日からマヤズムについて
お伝えしています。

 

 

昨日は
マヤズムとは何か
ということについて
説明しました。

 

 

ご先祖様からDNAを通して
伝わった感染病の記録
という感じの
マヤズムは
数種類あって

 

その内の
どのマヤズムが優勢なのかによって
かかりやすい病気がわかる
というものでしたよね。

 

 

では、今日は
そのマヤズムの種類
をお伝えしますね。

 

 

え~~~って
引いてしまうような
病名が付いているものもあるので
驚かないでくださいね。^^

 

 

ホメオパシーの父
サミュエル・ハーネマンの時代から
あったマヤズムは
全部で3種類
です。

 

 

疥癬マヤズム

 

淋病マヤズム

 

梅毒マヤズム

 

 

疥癬というのは
皮膚病ですが

4969998_s.jpg

あとの2つは
性病です。

 

 

この3つが
三大マヤズム
と言われているもので

 

 

この他にも、今は
新しいマヤズムが
出てきてはいるんですけれども

 

 

この3つを説明するだけでも
大変にボリュームのあることなので

 

 

今回は
ここまでの紹介に
しておこうと思います。

 

 

そして

 

 

明後日の夏至に
活性されると言われている
マヤズムは

 

 

この中の

梅毒マヤズム
というものなんです。

 

 

そして

 

 

梅毒マヤズムが
優勢になっている人に
有効とされるレメディーが

 

Syph.スフィライナム
という

 

夏至にとると良い
とされているレメディー
です。

 

 

こんな話を聞くと
自分は、どのマヤズムを
ご先祖様から受け継いでいるんだろう???
って気になるかもしれませんね。

 

 

安心してください!

 

 

現代人は、みんな
全部のマヤズムを持っている

と言われています。

 

 

なので、自分だけ
変なの持ってるとか

そういうのはないんです。

 

 

みんな同じ。

 

 

だけど
違うのは

 

どのマヤズムが
今、優勢になっているか
または
活性しているか

ということなんです。

 

 

続きは、また次回♪

 

 

奥田様バナー_最終.jpg

\期間限定無料
新型コロナパーフェクトガイドブック
 ▼ ▼ ▼

%%%_LINK_29094_%%%