「おしっこを我慢すると膀胱炎になるよ」の真実とは

Pocket

みなさん
こんばんは♪

 

ec1767d109ae4a39e921657ff7dd7d26_s.jpg

ホーム・ホメオパシー
インストラクター


2名
明日追加募集いたします。

 

インストラクターの
応募資格は

とくにありません。

 

世の中のためになる
おシゴトをしたいと

思っている方で

 

世のため人のためだけでなく
自分ため家族のため
有意義に楽しく豊かに
人生を送ることを望んでいる

そんな方でしたら
どなたでも志願していただけます。

 

また

ホメオパスの資格はあるけど
食べていけるほどの収入がない

資格維持がやっとなので
資格を放棄しようかどうか迷っている

既に資格を放棄してしまった

 

今やっている以外のメニューがほしい

 

ホメオパスとしての悩みがある

 

ホメオパスの仲間がほしい

 

 

そんな方にも
確実にお役立ていただけるものです。

 

 

詳細は、メルマガで
明日30日(金)の受付開始
予定しています。

―――――――――――――――――――

 

では、

昨日の話の続きなんですが

 

 

抑圧には

どんなものがあるか
ということなんですけども

 

 

言い出したらキリがないくらい
いろんなものがあります。

 

 

みなさんは、

「おしっこを我慢すると
 膀胱炎になるよ」

 

って言われたことありますか?

 

 

まるで諺のように
お母さんがお子さんに
よく言う言葉じゃないですかね。

 

 

おしっこを我慢することも
抑圧になりますよね。

 

 

体は、出そうとしているのに
自分の意志で
止めてしまうからです。

 

 

もちろん

うんちを我慢するのも
抑圧になりますよ。

 

 

ウンチの場合は

 

膀胱炎じゃなくて
便秘になりますよね。

 

 

こういう抑圧は

突然の抑圧というよりも

習慣でやってしまうことの方が
もしかしたら多いかもしれません。

 

 

子供でなくても
忙しい職業の人とかね。

 

 

本とに
いろんなタイプの抑圧があるんですけど

 

他には

 

大人よりも
お子さんにありがちなのは

びっくりの抑圧です。

 

 

小さい子は
まだ世間のいろんなことを知らない分

びっくりすることも多いですよね。

 

 

たとえば

 

 

突然、地震が来て
びっくりして

そのびっくりが
あまりにびっくりだったので

 

声を出せなかった。

 

声を出すことによって
びっくりの緩和ができるんですが

それができなかったので

 

そこから
しゃっくりになった。

 

とか

 

 

それくらいなら
まだいいんですが

 

 

喘息になった

とかね。

 

 

抑圧は
病気を生み出すことがあります。

 

 

それが軽ければいいんですが
中には、重いものもあります。

 

 

だけれども

その抑圧したこと自体が
とってもわかりにくいので

 

お母さんが気づかないこと
多いわけです。

 

それで
病院へ連れて行くと

何か薬や治療をされて

 

さらに抑圧される

 

 

ということ
本当に多いです。

 

 

出すべきものは
出さないといけないんですね。

 

 

それも
そのタイミングで。

 

 

だけれども
そのタイミングに
出すことができないと

 

 

何かカラダの事態が
急変するわけです。

 

 

そしてその時される処置が

 

出せなかったものを出す
という処置であれば
いいんですけれども

 

大抵は
またまた
出さない処置

つまり

 

抑圧
という方向へ
処置されてしまうわけなんです。

 

 

出したいものを出せないストレスって
どうですか?

 

想像してみてください。

 

家の中から溜まったゴミを
捨てに行きたいのに

 

玄関には
おまわりさんがいて

553f3cbe69984c8a928a11c8c421dbf2_s.jpg

「今はダメです。
 捨てられませんよ。」

 

って言われるんですよ。

 

それどころか

 

「家から出ないでください」

って言われるんです。

 

 

外に行きたいのにですよ。

 

 

抑圧されることによる
カラダのストレス
想像できますかね。

 

 

それが長く続いたら
どうでしょうか。

 

 

気が狂っていく人も
いるんじゃないでしょうか。

 

24b50e22c6d4bdd83f369134e2b51ba9_s.jpg

体で言ったら
機能が壊れていくんです。

 

 

思うようにできないからです。

 

 

 

みなさんの体は
一見すると、
みなさんの所有物
みなさんそのもののように
見えますよね。

 

 

きっと今まで
そのことを疑ったことさえ
なかった方も多いと思います。

 

 

じつは、違うんですよ。

 

 

本当は

その体の所有者の意識とは別に
体自身が意思を持っているんですよ。

 

 

だから本当は
別物なんです。

 

 

みなさんの体は
みなさんと同化しているように見えて

まるで自分のもののように
見えるんですけれども
そうではないんです。

 

 

ご存知でしたか?(^^)