アトピーを克服するたった1つの方法

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

新型コロナ
また増えているようですね。

 

 

ワクチン打った方も
打たない方も
レメディーは
とっていますか?

 

 

どういうふうにとったらいいのか
わからない方

 

 

レメディーそのもののとり方は
このメルマガの下の方から
ダウンロードしていただけますけれども

 

 

とるタイミングや回数など
もっと具体的に
新型コロナ関連のレメディーのとり方を
口頭で説明しますね。

 

 

8月14日(土)
10時~
30分程度を予定しています。

 

 

受付は
11日(水)夜のメルマガで開始します。

 

もう少しお待ちくださいね(^^)

 

 

さて

 

先日、受講生さんからいただいた
息子さんの足の皮膚の症例を
紹介させていただきましたが

 

image_6487327 (4).JPG

それに対して
「レメディーをおしえてほしい」
というメッセージを
複数の方からいただきました。

 

 

この方は、
まだ途中ですが、今は
抗生剤のデトックスをしています。

 

 

ですが
このような慢性症状のケースの場合
同じレメディーをとったからと言って
同じように良くなるとは
限りません。

 

 

それは
症状は似ていても

 

ひとりひとり
体質も違えば
環境も違えば
全く違う人生を
歩んでこられているからなんです。

 

 

ホメオパシーで
慢性病を改善させる時には

 

その方の個性を観察しながら
人生の洗いざらいを
おしえていただきます。

 

 

その上で
レメディーを選択していきますので

 

 

事前に提出していただく書類は
A4で7枚のレポート

 

そして
相談会当日には
約1時間の質疑応答をさせていただいて
レメディーを選択します。

 

 

この男の子の場合は
お母さんが受講生さんですので

 

お母さんご自身が
ホメオパシーでのデトックスを
身につけていらっしゃるので
そこまでのことはしていませんけど

 

 

慢性症状の場合は
それくらい
表面だけの情報だけでは
レメディーを選ぶのが難しいこと
わかっていただけたらと思います。

 

 

なので

 

 

この息子さんと同じような
症状をお持ちの方は

 

 

ホメオパシーは副作用がないので

 

イチかバチか抗生剤のデトックスに
チャレンジしていただいても
構いませんけれども

 

 

本来は、
ちゃんとその人に合わせて
レメディーを選択した方がいいですよ
ということです。

 

 

その方が
遠回りしない
ショートカットになるかと思います。

 

 

だけど
いきなりホメオパシーでやる!
と決めて
7枚ものレポートを書くのも
迷いがあるし

 

 

だからと言って
他に手立てがないし

 

もう少し、詳しく話を聞いてみたい
という方が
もしいらっしゃったら

 

 

そういう方には
個別相談がいいのですが
今受付をしていないので

ひとまず、
このメルマガへのご返信で
その旨をご連絡いただけたらと思います。

 

 

皮膚の問題は一般的に
長引きますし

 

ひどい場合は
ずっと薬を塗り続けなければならないことが多いです。

 

 

そうなると
臓器にまで影響が行ってしまうこともあって
皮膚以外の健康被害になっていくこと
少なくありません。

 

 

そうなってしまう前に
ホーム・ホメオパシー®で
手を打ちましょうね!

 

 

暑い日が続いていますので
皮膚の痒みも汗で悪化する方も
多いかと思います。

 

 

熱中症予防を
しっかりして
健康にバテることなく
夏をのりきりましょうね!!!

 

 

楽しい週末をお過ごしください(^^)

 

 

熱中症の電子書籍はこちら▼

%%%_LINK_35481_%%%

34649292_10212579015610884_8440052641530118144_n.png