バリバリ働いていた人が「やる気がなくなってしまう」その根本要因

Pocket

みなさん
こんばんは♪

 

 

先回のメルマガで

 

やりたいことがわからない人は
休む期間が足りてない
というお話を
書かせて頂きましたが

 

 

そういえば
こういう方がいたのを
今朝、思い出しました。

 

 

ホメオパシーで
みさせていただいた
クライアントさんで

 

 

やりたいことがわからない
やる気が出ない
というのが主訴の方が
いらっしゃいました。

 

 

お話を伺うと

 

 

ある薬をけっこう
とっていらっしゃって

 

出した方がいいなー
というレベルでしたので

 

ホメオパシーで、その薬の
デトックスをしていったんです。

 

 

そしたら
数ヶ月後に

 

やる気が出てきました!
というご報告をいただきました。

 

 

ということは

 

 

その薬が
やる気を妨げていた
ということになりますよね。

 

 

薬というものは
一旦、身体に入ったら
意外となかなか出ていかないものです。

 

 

身体の中が
薬や添加物
その他、いろいろなもので
ゴミだらけだと

それを頭で把握できていなくても
身体はとっても疲れます。

 

 

身体が疲れていると

 

自然と
やる気も出ないし

そうなると
やりたいことも浮かんでこないんですよね。

 

 

それは、やりたいことをする
準備が身体にできていないからなんです。

 

 

いくらやりたいことがあっても
身体がついてこなければ
行動に移せないですし

 

そうなると
気だけもめて
悶々、イガイガしませんか。

 

 

全てのことは
その人にとって
ベストなタイミングでやってきますから

 

 

身体を十分に休めて
次の行動をとれるための
準備ができたときに
やりたいことが閃く

 

2588023.jpg

みなさんも
そんは「アハ体験」
してみたいと思いませんか。

 

 

まずは
休む

 

 

これは、一番に大事ですけど

 

 

余裕があれば
デトックスも
ぜひ、やってみてください。

 

 

ホメオパシーは
デトックス
めちゃめちゃ得意ですよ^^