健康なカラダは、正しい現状把握と小さな一歩からできている

Pocket

体質を変えるには
いつもの選択肢を変えてみる
という小さな一歩が必要です。

小さな一歩が積み重なると
知らず知らずのうちに
カラダが大きく変わっている
ということが起こります。

あれ?
そういえば

疲れにくくなったな
とか
5034cd61a330d1b85d5ede0da8479e9b_s.jpg

風邪が長引かなくなったな
とか

そんな感じです。

 

昔は、無防備でも
健康に生きられた時代でした。

だけれども
今は、無防備でいると

知らず知らずのうちに
健康を害してしまう方
多いです。

それは

空気中に
また
お水の中に

そして、食べ物の中にも

いろんな
わたしたちの健康を害するものが
多く入っている時代になったからです。

1913cf92eb791cd13386e9ec62b238c5_s.jpg

病気を持って生きること
辛い症状を抱えて生きることを

私は、悪いことだと思っていません。

それは、その方々の選択ですし
それはそれで、尊重しています。

だけれども
そうでない方々も多くいらっしゃいます。

死ぬまで健康でいたい方
病気なんて、一度も経験したくない方

そのような方は

今の時代の流れを知り
現状を把握し
行動を変える必要がある
と思うんです。

その一歩は

花粉症の方であるならば
洗濯物を、外に干さないことであったり

飲み水を汲むための蛇口には
浄水器を設置することであったり

風邪をひいた時には
薬を使わず
自分の力で治すことだったりするわけです。

そんな日常の小さな一歩

みなさんは、どんなことを試みられていますか?

何かあれば、シェアいただければ嬉しいです。(^^)