現代医療に全く疑いがない人の数は減少傾向にある現実、むしろ必要な知識とは

Pocket

昨日は
臓器をサポートするレメディーについて
お伝えしました。

臓器サポートレメディーは
それぞれの臓器に対して
ほぼ全部あるんですが

今回は
カラダの排出力を高めるため
という観点から

肝臓・腎臓・腸
3つのサポートレメディーを
ご紹介しました。

98b7be229d82d95aa516462bd3a03c88_s.jpg

このような
臓器をサポートするレメディーは

サプリメントのように
毎日とる
という使い方をします。

ですから
たとえば

肝臓と腎臓のサポートレメディーを
とろうとした場合

朝に肝臓サポート
夜に腎臓サポート

という感じで

ある程度の時間帯を決めて
毎日とっていきます。

期間の目安は
普通に健康な人で
1~3ヶ月です。

レメディーは
原物質を全く含んでないか
含んでいても微量なので

とり過ぎによる副作用は
一切ありません。

好転反応はあるかもしれませんが
サポートレメディーの場合は
そんなに大きな好転反応は
起きないことが殆どです。

肝臓・腎臓サポートで
よくある好転反応としては

背中が痛くなる
ということがあります。

肝臓や腎臓の辺りです。

その辺が
痛いというよりも

なんか変だなという感じの
微妙な違和感があって
伸ばしたくなったりします。

もし、そんなことがあったら
好転反応だなと思ってくださいね♪

子供のお熱下げるのちょっと待った!
間違いだらけ!
突然のお熱の対処法

子供のお熱下げるのちょっと待った!電子書籍.jpg

リリースは、
4月13日に決まりました!

メルマガ読者さんには
それよりも早くお届けいたします☆

ご登録まだの方は
こちらからご登録くださいね♪

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓