「炎症には抗生剤」という大きすぎる誤解による末路

Pocket

 

予告

メルマガ読者様特別枠
無料ホーム・ホメオパシー®個別相談

受付開始は
6月30日(水)
夜のメルマガ

 

 

みなさん、こんばんは♪

 

 

昨晩のストロベリームーン
みなさんは
見られましたか?

 

 

こちらは
昼間から曇りだったんですが
夜には雷がゴロゴロ鳴ってて
結局、見てないです。

 

 

残念、、、

 

 

もし、見れてたら
キレイだったか
おしえてください(^^)

 

 

さて、今日は
ホーム・ホメオパシー®の
希望について
書かせていただこうと思います。

 

 

先日
個別相談させていただいた方は
耳鼻科の医師の方でした。

 

 

ずっと前から
このメルマガを
読んでくださっていて
気になっていたとのこと。

 

 

そして

 

 

ご自身の副鼻腔炎について
のご相談でした。

 

タイトルなし.png

お話を伺うと

 

もう長い間
その副鼻腔炎に対して
抗生剤を飲まれていました。

 

 

なので
抗生剤による抑圧があって
症状が、スッキリせずに
長引いているのではないか
ということ

 

 

そして

 

 

その方の歴史をさらに
掘り下げて聞いていくと

 

 

BCGのワクチンが
原因じゃないかな
というところまで
わかりました。

 

 

この方の場合
ホメオパシーで
元に戻していこうとする場合は

 

 

まず
抗生剤のデトックスを
していきます。

 

 

現在の状態を
直接長引かせているのは
抗生剤だからです。

 

 

そして

 

 

あるタイミングで
BCGのワクチンの解毒が
必要になってくると思います。

 

 

そのことを
お伝えしたら

とても納得されていらっしゃいました。

 

 

病院の方でも
治らなかったり
長引く患者さんが多いそうです。

 

 

その方は、医師をされていても
元々、薬は嫌いだそうで
その他の方法を模索されているようでした。

 

 

ホメオパシーでも
鼻炎や中耳炎のクライアントさんを
みさせていただくことが
多くありますけれども

 

 

それらが長引く原因になっているのは
抗生剤が圧倒的に多いんですよ
というお話をさせていただき
話が盛り上がりました。

 

 

医師の先生は
ホメオパシー専門学校の私の同期でも
4名程いらっしゃいましたし
他の学年にも、ちらほら

 

 

また、私が開講している
ホーム・ホメオパシー®実践講座にも
医師、看護師、薬剤師などの
医療関係の方々
多くいらっしゃいます。

 

 

ですが

 

 

耳鼻科の方は、私が出逢った中では
今回が初めてだったので
すごく嬉しくなりました。

 

 

どうしてかというと

 

 

耳鼻科関連の症状が続くことで
相談に来られる方
本当に多いからです。

 

 

そういう方々が
初めから
ホメオパシーでやってたら

 

長引くことなく

他の症状に移行することなく

 

時間とお金と労力を
ムダにすることなく

 

初めからスッキリと元に戻って
勉強や仕事に集中できるのに
と思うと
本当に本当にもどかしかったからです。

 

 

だけど

 

 

まずは、お一人でも
耳鼻科の先生が
抗生剤ではなく
ホメオパシーをつかってくれる
って考えたら

 

 

本当にありがたいことですし
すごい希望が
湧いてきました。

 

 

そういえば
耳鼻科でも

自閉症の子が多いと
おっしゃっていました。

 

 

自閉症と耳鼻科
一見、関係ないように見えると思いますが
じつは、そうではないんです。

 

 

ホメオパシーを20年やってて
見えてきたことの
ひとつでもあります。

 

まだまだ
ホメオパシーご存知ない方多いです。

 

 

もし、みなさんが
ホメオパシーをお友達に
おしえてあげたいな
って思ったら

 

ぜひ、このメルマガを
ご紹介ください。

 

 

ご自身でホメオパシーを説明するのって
簡単ではないですから
これを活用していただけたらと思います。

リンクは、このメルマガの下の方に
ありますよ。

 

 

では、明日は日曜日
楽しんでくださいね(^^)

 

 

奥田様バナー_最終.jpg

\期間限定無料
新型コロナパーフェクトガイドブック
 ▼ ▼ ▼

%%%_LINK_29094_%%%