【無料小冊子】お味噌汁が親子の時間をシアワセに変える方法

Pocket

みなさん、こんにちは♪

 

 

本日は、
ごはんをつくっていらっしゃる
主婦向けの号外です。

 

15分で簡単に作れて
家族に喜ばれる
しあわせ土鍋ごはん

浜住聡子さんの
無料電子書籍を紹介します!

 

子育てのイライラをなくしたい!
というお母さんに向けて

 

 

たった一つの方法
親子の時間をシアワセに変える

 

しあわせ土鍋ごはん流
家事の中に子供時間を作る方法

 

について解説した電子書籍を

 

しあわせ土鍋ごはん
浜住聡子さんがリリースしました!

 

 

 

「しあわせ土鍋ごはん流

お味噌汁が

親子の時間をシアワセに変える

~家事の中に子供との時間を作る方法~ 」

 

 小冊子

無料ダウンロードはこちら
▼▼▼▼▼▼

https://egao5han.com/?p=95&okuda

浜住聡子さんは

現役看護師として働きながら
2人の子供を持ち
夫は長期単身赴任で不在。

 

 

自らのハードワークの経験を生かして
どうやったら忙しい日々の中に
子供と楽しい最高の一瞬を
作ることができるのか?

 

 

仕事と家事に追われる日々の中から
子供と過ごす時間を

イライラ

シアワセに変える方法を

この電子書籍で知ることができます。

 

 

「旦那さんの帰りが遅いから
一人で家事、子育てをしていると
時間の余裕も心の余裕もない。」

「旦那さんさえいれば、、、」

「子供が愚図らなければ、、」

「私はイライラせずに済むのに。」

 

そのイライラから解放された
生徒様の感動事例も掲載されています。

 

 

家事の中に

最高の親子時間を作るために

まずは

お味噌汁作りの

「あること」をしたことで

子供との時間が作れない罪悪感を

親子の最高の一瞬に変えた。

 

浜住聡子さんが伝える
他では教えてくれない
お味噌汁の秘密

今だけ期間限定
漫画付きでお読み頂けます。

小冊子

期間限定無料ダウンロード
▼▼▼▼▼▼

https://egao5han.com/?p=95&okuda

浜住さんからの
メッセージをご紹介しますね!

~~~~~~~~~~~~

奧田さんのメルマガ読者の皆様。
初めまして!

15分で簡単に作れて
家族に喜ばれる
しあわせ土鍋ごはん 
浜住聡子です。

PCSEE9911.JPG
 
奧田さんの
大切なメルマガ読者のみなさまに
私の電子書籍をご紹介する
機会をいただき
ありがとうございます。

 

私は看護師として働きながら

仕事後はいつも急いで
子供たちを保育園まで迎えに行き

目の前にある家事をこなし、
子供との時間は取れないどころか

子供へイライラする毎日に
「母」としての罪悪感を感じていました。

 

 

子供にイライラしてまで
ここまで仕事を
頑張る意味は何だろう。

 

「旦那さんがいれば、、」

「子供たちが愚図らなければ、、」

「もっと人の手があれば、、」

 

 

私の中にあったのは

もっと〇〇だったら、
私は穏やかなお母さんになれるのに!

という思いでした。

 

 

けれど
自分の仕事も旦那さんの仕事も
子供たちが愚図ってしまうことも
何一つ変えられない。

 

子供の機嫌に振り回されて
イライラしてしまうのであれば

私が今までやってきた方法を
どこか一つでも
変えて行かなければならない!
と気が付きました。

 

 

時短の料理で
子供との時間を増やすのではなく

時間術で
効率よく家事を回すのではなく

 

 

まずは、

家事の中に

子供との楽しい時間

取り入れてみる。

ということ。

 

 

その方法を

難しいクッキーを作るのでもなく
包丁を使ってクッキングするのでもなく

「 お味噌汁 」を一緒に作る

ことから始める。

 

そのお味噌汁の作り方も

ただ単にお味噌汁を作るのではなく
1ステップあることをすることで

 

子供たちも楽しく
自分もストレスフリー
お味噌汁を一緒に作れて

しかも

 

いつもよりも美味しいお味噌汁になる

 

その方法と

私の生徒様の経験談が詰まった

小冊子を

こちらからお読みいただけます。

小冊子

無料ダウンロード
▼▼▼▼▼▼
https://egao5han.com/?p=95&okuda

是非この小冊子で
イライラをシアワセな瞬間に変えてみてくださいね。

 

ここまでお読みくださり
本当にありがとうございました。

みなさんのお役に
すこしでも役に立ちましたら幸いです。

~~~~~~~~~
浜住さんからのメッセージは
ここまでです。

 

ぜひダウンロードしてみてくださいね。