「健康」の分かれ道、病気にならないための過ごし方

Pocket

薬を手放したい方への 無料個別相談会.png

メルマガ読者様限定
ホーム・ホメオパシー®無料個別相談会
あと1
で終了します!
 ▼ ▼ ▼

https://homehomoeopathy.com/mailspcouns-2/?mm120

 

 

みなさん
こんばんは♪

 

 

昨日のメルマガの中のリンクが
機能していなかったようで

 

 

気づいた読者様から
ご連絡いただき
昨夜遅くに修正しましたが

 

 

早い時間に開封された方は
ダウンロードできなかったことと思います。

 

 

ごめんなさい。

 

 

今日は、大丈夫ですので
こちらからダウンロードしてくださいね。

 ▼ ▼ ▼

%%%_LINK_29094_%%%

 

 

昨日のメルマガに対して
たくさんのご感想をいただきました。

 

 

多かったのが
「私は、かつて、まじめでした。」
というもの。

 

 

だけど
どこかで気づいて
今は、まじめはやめました。
という方が
多かったです。

 

 

 

そうですよね、、、

 

 

 

こんなメルマガ
読まれている時点で

 

既に、世間からは
ズレていますもんね(^^)

 

 

けっして
まじめが悪いわけじゃないですよ。

 

 

すごく良いことです。

 

 

だけど

 

 

健康を害する
ことがある
ということを
伝えたい。

 

 

まじめな方って
なんていうかな

 

 

ピッとしてるんですよね。

 

 

ピッとしてるとは
どういうことかというと

 

 

緊張して
真っ直ぐ立ってる

 

 

そんな印象
ありませんか。

 

 

お巡りさんが
敬礼する時みたいな
そんな感じ。

 

 

時にそういうの必要ですけど

 

 

ずっとそれが続くと
カラダも心も疲れてしまうと思うので

 

 

挙げ句の果てに
病気になりやすいと
いうことなんです。

 

 

 

何事も適当に。

 

 

何事もいい加減に。

 

 

いい加減は
良い加減なので。

 

 

それでいいんです。

 

 

レメディーのとり方も

 

こうでないと!
っていうルールなんて
本当は一切ないんです。

 

 

あれでも、これでも
とってみて
困った症状が改善されれば

 

 

それで合っていた!

良かった!

ってことになりますし

 

 

変化が何もなければ
ハズレ

ということになります。

 

 

副作用がないから

 

そんな当てずっぽうなとり方をしても
問題ないわけです。

 

 

だけど
ずっとハズレが続いたら

 

改善されない時間が長くなって
辛い時間が長くなり

 

 

さらに、つかうレメディーの数も
多くなって
経済的ではなくなるので

 

 

できるだけ早く
一粒でも少なく
アタリを出せるように

 

 

学んだ方がいい
というわけなんです。

 

 

だけど実際
適当だって
いいわけです。

 

 

私がやっている講座は
積極的に実践していただくタイプの講座
なんですけど

 

 

小難しい枠をつくってしまうと
応用がきかなくなってしまうし
楽しめなくなってしまうので

 

 

できるだけルールは最小限にして
自由に学んでいただくスタイルにしています。

 

 

それによって
本当の意味で
健康的自立ができるように
自分で考えられるように
なっていただけたらと思っています。

 

 

何事もルールが多すぎると
自由が少なくなりますよね。

 

 

コロナ禍になって
いろんなルールが
どんどん増えてきて
自由が減りましたよね。

 

 

大勢で飲食できないとか
マスク着用とか

 

海外にも気軽に行けなくなりましたね。

 

どうしても守らなきゃいけないルールは
仕方ないですけど

そうじゃないものは
どんどん自分の中で
外していきたいですね。

 

 

明日からの週末
でかけるのも厳しくなっていると思いますけど

 

できることの中で
自由に楽しみましょうね(^^)

 

 

今、これを書いてるうちに
ニュースで、ノロウィルス感染が出た
とやっていました。

 

ノロウィルスに関しては
こちらの電子書籍
読んでくださいね。

 ▼ ▼ ▼

https://aile-yoko.com/?page_id=251?mo22128

e57c99a8b0e1b5eadaee3485b4bb6d0b.jpg