道の駅のキャッシャーおばちゃんの失敗

Pocket

みなさん、こんばんは♪

 

 

昨日、長野の山の中の
道の駅に寄ったんですが
キャッシャーのおばちゃんが
入力間違いをしたんです。

 

 

2500円ほどの買い物に
1万円札を出したのですが

 

おばちゃんは
それを1,000円と
打ってしまって
アタフタし始めたんです。

 

 

あと1500円もらわないと
いけないことになっちゃったんだけど
9,000円って打てばいいかな~

 

 

透明のビニール越しに
画面を見てくれという感じに指をさして
客の私に聞きました。

 

 

まあ、私も
お土産物屋さんでバイトしたことありましたから
キャッシャーのことは
多少わかります。

 

 

いいと思いますよ~

 

 

その言葉を聞いて
おばちゃんは
アタフタしながら
9,000円と入力して
事なきを得ました。

 

 

都会だったら
こういうことを
お客さんに聞くなんてこと
まず、ないと思うんですけど
田舎だと、おもしろいですよね。

 

 

昔にも
下呂の家の近くの駅で
こんなことがありました。

 

 

そこは、無人駅ではないけど
駅の人は、1人しかいないんですね。

 

 

JRの駅なので
そこで、JRバスのチケットを
買おうとしたんです。

 

 

そしたら、その人
そんなオーダー初めてらしくて
やり方わからなくて
アタフタしだしたんです。

 

 

機械の中のボタンを
そうとう探しましたし

 

 

隣の駅にも電話したり

 

 

だけど、わからないんですよね。

 

 

途中、電車が来たら
切符切りもしないといけないし

 

 

もう
てんやわんやなんですよ。

 

 

申し訳ないな~
と思いつつ

 

 

だけど、当時
インターネットで
バスの予約をできるシステムは
まだなかったので

 

どうしても
そこで買わないと
いけなかったんですよね。

 

 

結局1時間くらい経って
私もその機械を
窓口越しにのぞきながら

 

 

そのボタンじゃないんですかね~

 

 

って言ったら

 

 

そうかな、、、
押してみよっか、、、

って

 

勇気を出して
その人が押したら

 

 

それだったんですよ。

 

 

無事に買うことができて

 

 

最後には
ご指導ありがとうございました!!!

って言われて
帰ってきました。

 

 

いやいや
客の私に
ご指導って、、、(^^;)

 

 

そんな感じで
田舎だと本当に
日々おもしろいことが
起こるんですけど

 

 

道の駅のおばちゃんも

 

小さな駅の
おじちゃんも

 

その時は、必死で
どうしようかと
アタフタしてて

 

 

その気持ちを考えると
大変だな~って思ったんです。

 

 

もし、そういうことが
急に起こった時には

 

 

ポケットの中から
レメディーを出して
口の中へ入れて

 

 

まずは、落ち着きましょうね。

 

 

そして
どうするのが
今のこの状況に一番良いのか
判断できるようになってから
動作を進めていくと
いいですよ(^^)

 

 

ちなみに
それにおすすめなのは
Acon.アコナイト
です。

 

 

万年頭痛の茶話会
日程追加しました♪

赤 テイクアウト アイキャッチ インスタグラムの投稿.png

詳細は、こちらです▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/sye45?mm1023